【関西宿屋塾】
第十三回「データで判断するホテルマネジメント~2018年の最新ホテルトレンドとその背景」


講師:STR ビジネスデベロップメントマネジャー
櫻井 詩織 氏

5月8日に、東京本校で開催した同名のセミナーは、大変価値の高い内容で、高評価でしたので、関西の業界の皆様にもお伝えしたく、さっそく企画いたしました。
我が国は、稼働率もADRも成長中ですが、2017年は国内主要マーケットの中で「大阪だけADRを落としている」という調査結果でした。今回はその理由もしっかりご案内したいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

もう10年以上前の話ですが、「HOTERES」記者時代、某有名総支配人からこんなことを教えてもらいました。

「業界と産業の違い、ご存知ですか? それは、横断的な調査データのあるなしです。日本のホテル業界は、まだまだ使える横断的なデータが少ないのが現状です」

そして、ホテルジャーナリストとしては、そこを強化すべきであり、その分野では、「米国にスミストラベルリサーチ社(=STR)」があり、同社をベンチマークするといいと・・・。

 

当時は、STR社は日本になかったのですが、現在は、日本のホテルマーケットもしっかり調査し、情報データを業界に提供してくれています。本校で勘や経験で判断するのではなく、調査・分析に裏づけされた情報データによる判断をしてこそ、近代的な経営・マネジメントというものです。

今回の宿屋塾は、STR社による国内のホテルパフォーマンス(ADR・OCC・RevPAR)の最新情報をご紹介するほか、世界の中での日本、アジアの中での国内主要都市の立ち位置、地方部、主要都市圏との比較分析などを披露いただきます。

 

同社による2018年の最新動向データの初めての発表の機会になります。


【こんな内容です】

1. STRデータから見る2018年の最新ホテルトレンドとその背景
 - グローバル
 - アジアパシフィック
2.日本における2018年ホテルマーケット最新動向とその背景
 - 日本全体
 - 世界の中での日本、アジアの中での国内主要都市の立ち位置
  - 地方部、主要都市圏との比較とその背景
 - 大阪だけADRが下がった理由とは

3. オリンピック、ラグビーワールドカップがホテルマーケットに与えるインパクト

 

【こんな人におススメです!】

●ホテル・旅館の経営者
●ホテル・旅館のマーケティング担当者
●これからのホテルマーケットの未来予測を考えたい方、どなたでも


 

【櫻井 詩織 氏のプロフィール】
STR日本地区ビジネスデベロップメントマネージャー
日系不動産会社でのサービスアパートメント経営戦略策定、運営管理、 新規開発 におけるプロジェクトマネジメントに従事。2011年に大手外資系ホテルチェーンに移籍し、国内コーポ レートオフィスにてグローバルセールスを担当。国内外グループホテルの営業戦略策定、販売チャネル マネジメント支援等に関与。2016年より現職。米国ホテル協会公認ホテル市場分析士(CHIA)。現職では、日本国内ホテル市場における調査や投資上の意思決定に必要不可欠な、宿泊施設関連データの拡充に従事。日本経済新聞でのホテル市場データ解説をはじめ、STR統計による全世界の宿泊施設データ分析から成る最新のホテル市場動向等、講演多数。


 

【日時】

2018年7月27日(金)

19:00~21:00

【定員】

60人

【料金】

4,000円(税込)

会費は当日集めます

【会場】

大阪YMCA国際専門学校
大阪市西区土佐堀1-5-6
TEL:06-6441-9067

担当:片岡千賀子

※撮影・録音はご遠慮ください。

 
印刷する
 

セミナ―申し込み

宿屋大学のホームに戻る