【宿屋塾】
「米国式に学ぶ、いま求められるホテルインターンシップのあるべき姿」
How an American-style Paid-Internship System Benefits Both Students and Hotel Employers? - an opportunity to learn directly from U.S. Experts

講師:University of Central Florida (UCF),
Rosen College of Hospitality Management (RCHM)
     有給インターンシップ派遣担当部長
MS. JESSICA WICKEY
有給インターンシップ派遣担当
Mr. David Wixted
  ファシリテーター:同大学准教授 原 忠之 氏 
Dr. Tadayuki Hara, Associate Professor, RCHM. UCF

 

大学生のホテル志望者が激減しているようです。
20年以上続けている「学生のためのホテル業界就職講座」ですが、10年くらい前までは、参加者は平均して250人前後いましたが、今年はたったの6人でした。
理由は、超売り手市場のために、学生が就職活動に必至にならなくても内定が出るということもあるでしょうが、宿泊業自体の人気が薄れていることも大きいようです。

 

ある大学生は「ホテルに興味があってアルバイトをしたけれど、ホテルに就職しようという意思はなくなった」と話します。労働環境の悪さ、そして働くスタッフが幸せそうではなく、自分の未来をその職場に置きたくないという理由です。

 

一方で、ホテル企業は、新卒採用の一環としてインターンシップを実施しているところが増えました。ところが、ほとんどが本当の意味でのインターンシップではなく、名前を変えた青田買いになっています。

いま必要なのは、しっかりホテルの仕事の魅力を理解してもらうことと、学生がホテリエとしての社会人基礎力をつけるためのプログラムだと考えます。

 

ホテルの仕事の実際をしっかり体感していただき、良い部分も悪い部分も、そして遣り甲斐も辛さ経験して成長し、社会人として自分には何が足りないのかを理解してもらう。同時に、ホテルの仕事の醍醐味を知ってもらい、ホテリエとしての将来ビジョンを描いてもらう。

そんなプログラムが、学生にとっても、業界にとっても必要なのではないでしょうか?

ホテル経営先進国である米国、そして米国内でも観光産業先進地のフロリダ州では、単位付き必修授業としての仕組み、産学協同の経営人材育成の取り組みがあり、長年機能しています。
全米に150大学程度に観光・ホスピタリテイ経営学部があり、その中で約50大学に大学院修士号プログラムが、そしてその中の約20大学弱に大学院博士号プログラムがあります。その中で、学生数3600名を抱え全米最大、また、ホスピタリテイ経営学士だけでなく、イベント経営学士号、レストラン経営学士号、エンターテイメント経営学士号も正式に学位が出せ、全米ホテル運営チェーン企業の経営幹部候補生プログラムに最多の学生を供給しているセントラルフロリダ大学ローゼンホスピタリティ経営学部の現役インターンシップ派遣担当チームの米国人2名が初来日して直接に最先端の有給インターンシップ制度について説明し、皆様のご質問にも答えます。

 

今回は、セントラルフロリダ大学の原忠之准教授の発案で、米国の取り組みをご紹介いただくセミナーを企画いたしました。同大学で有給インターンシップ派遣を担当しているMS. JESSICA WICKEY (ジェシカ・ウイッキ―)部長とMr. David Wixted(デイビッド・ウイックステッド)担当に、ご紹介していただきます。セミナーは、英語になりますが、質疑応答などは原先生が通訳していただけます。
日本の既存「インターンシップ」との違いに驚かれるかもしれませんが、日本でもこの制度を実践できる産学共同の取り組みがあれば、かなり中長期の人材育成方法に影響力を発揮できるでしょう。

 

【こんな内容です】

For English speakers, this seminar is held in English, while Q & A may be translated into English by the facilitator.

●意義のある学術単位取得する正規授業としての、有給インターンシッププログラムの取り組みと要件とは What is an academic paid-internship program at hospitality industries?
●産学協同で両者に恩恵をもたらす仕組み
How an academic College and the hospitality industry can collaborate?
●インターンシップ後に学生はどう成長するのか、また企業に対するイメージは変化するのか。
What are the typical testimonials of benefits by students who joined the internship?
●インターンシップ後の正社員登用について、どういう道を確保しているのか。
How likely or unlikely that students who participated in paid-internship receive offers
from the company who hosted the student for internship?
●そのほか
We can accommodate any related topics and your inquiries in Q & A sessions.


【こんな人におススメです!】
Who may benefit from this seminar?

●ホテル・旅館経営者
Owner & Operators of Hotels and Ryokans (Japanese style Inns)
●ホテル・旅館の人事担当者
HR Directors and associates in hotels and Ryokans.
●観光ホスピタリティ系の大学・専門学校の教職員で世界標準の有給インターンシップ制度構築に興味のある方
Faculty and staffs who are interested in learning or creating the advanced
paid-internship system.
●今後DMO・MICEやIR等で構造的に戦力となる人材を大量に育成する必要を感じる地方自治体や構造転換を模索する観光協会の方
Those in emerging segments such as DMOs, MICE area, Integrated Resorts or
those in regional municipal governments who are in need of developing large
volume of human resources to fill your needs.
●そのほか人材育成に興味のある人どなたでも
Anybody who are broadly interested in human resources development.


地図

さらに詳しいアクセス情報】|【アクセス情報PDF

 

 

 

【MS. JESSICA WICKEYとMr. David Wixtedのプロフィール】
Jessica Wickey is a UCF Rosen College of Hospitality Management alumna, graduating with her Master’s in Hospitality and Tourism Management in 2013.Ms. Wickey has 25 years of experience in the hospitality industry, including restaurants, resorts, events, convention centers, non-profit fundraising, and live entertainment. Ms. Wickey is an avid sailor, completing her pilot’s license and enjoys volunteering in the community.
David Wixted comes to us with 19 years of educational experience, 16 of those years in post-secondary education. He taught for 14 years at Schenectady County Community College (SCCC), in Upstate New York, in the esteemed school of Hotel, Culinary Arts, and Tourism. He also taught for two years at Stratford University, a for-profit institution, in Northern Virginia teaching in the Hospitality Management program. During his tenure at SCCC he chaired, researched and authored the Associate of Applied Science degree in Casino and Gaming Management, gaining approval from the New York State Department of Education and the State University of New York (SUNY) system in 2013.


【日時】

2019年5月20日(月)

19:00~21:00 of May 20, 2019 (Monday)

【定員】

100人 Open up to 100 registrations.

【料金】

3,000円(税込)受講料は当日集めます。現金のみとなります。
Fees: Yen3,000 cash only on the spot

【会場】

東京YMCA国際ホテル専門学校
東京都新宿区西早稲田2-18-12
TEL050-5306-2953

 

Venue: Tokyo YMCA International Hotel School, at 2-18-12 Nishi-Waseda, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan

 
印刷する
 

セミナ―申し込み

宿屋大学のホームに戻る