【宿屋塾】
「マザーリングマネジメント イントロダクション講座~社員が夢中になって働き出す環境づくりとは」

講師:ホテルグリーンコア 代表取締役社長 兼
  一般社団法人マザーリングマネジメント協会
代表理事 金子祐子氏

 

「言った通りに動かない」「もっと自分で考えてよ」
そんな思いを抱える人は多いのではないでしょうか。
「部下や後輩のやる気スイッチがどこにあるか分からない」
「彼らの自発性に刺激を与えることができるか分からない」という話もよく聞きます。

 

一方で、「成長したくないです」と言っていた20代のスタッフが、半年後には楽しそうにフロントに立っている。また、別のスタッフは「この会社で働けて良かったです」と嬉しそうに経営者に告げる。これらはホテルグリーンコアでの実際のエピソードです。

 

「自発的」「ご機嫌」でいることで人はパフォーマンスを発揮し、成長し、それが組織の成長につながっています。

 

ではどうしたら組織マネジメントにおいてスタッフの自発性は発動するのでしょうか。
金子氏は、自発性は次の3つのことをスタッフが感じると発動されるといいます。


1、信頼されていると感じるとき
2、受け入れられていると感じるとき
3、関心を持たれていると感じるとき


この3つの瞬間です。
マネジャーはこの3つを感じてもらう行動をコツコツと続けることです。
そのためには、


1、見守り
2、傾聴し
3、ストロークを出す(相手の変化に気付いて伝える)
ことです。

 

これが、マザーリングマネジメントなのです。
ホテルグリーンコアの現場から体系化されたこのマネジメント手法は、今では多くのサービス企業が実践し、活気に満ち溢れた組織作りに役立てています。
これを学んだ全国の経営者によって幸せな職場が全国に作られています。

 

本講座のポイントは3つあります。

 

1、組織の成長と、人と人の関係性

「成長の循環モデル」「認知と行動のブラインドループ図」などの学術モデルを用いながら、組織の成長と、人と人の関係性は繋がっていること、「社員が安心できる場所」の重要性を解説します。

 

2、コミュニケーションの成り立ち
「自分の行動が相手の認知に影響を与えている」「コミュニケーションの起点は自分にある」という事実をふまえることから、日々頭を悩ませるコミュニケーションに本気で向き合うことができます。

 

3、「任せる」- 自発性を育むファーストステップ
「自発性」が生まれる状態と、それを支える「見守る」「傾聴」「ストローク」を解説しながら、仕事を「任せる」ことから、関係性を築くコツをお伝えします。

マザーリングマネジメントは男性でも、立場が違っても、誰でもできるマネジメントのフレームです。あなたなりの「マザーリング」のヒントを得て、実践のイメージを持ち帰ることができます。

 


【こんな内容です】

1 なぜ、マザーリングマネジメントが生まれたのか?
  トップダウン型の指示命令では動かない部下
  部下が自発的に仕事に取り組むことの効果

 

2 マザーリングマネジメントとは何か?
  社員が安心できる場所をつくるためのマネジメント
  自発性を生むコミュニケーション

 

3 マザーリングマネジメントの実践方法
  認知と行動のブラインドループ
  「見守る」「傾聴」「ストローク」
  上司も部下にとっては環境の一要素

 

4 マザーリングマネジメントの成果事例
  ホテルグリーンコアの成果
  部下が新サービス、新キャッシュポイントを創造する

 

5 シェア&フィードバックタイム
  質疑応答や事例に関する質問

※理論だけではなく、講座内容を実感していただけるワークがあります。

 

【こんな人におススメです!】

●今の若い子の考えていることがまるで分らないという人
●指示待ちスタンスの部下を持つ人
●部下の自発性、積極性を高めたいマネジャーや上司
●スタッフの離職に悩む経営者やマネジャー
●とにかく社員満足度を高めたい経営者やマネジャー
●子育て中の人
●みんなが幸せな組織を創りたい人どなたでも

 

どなたでもご受講いただけますが、事業戦略を現場で実行するメンバーをマネジメントされているマネジャーや経営幹部の方々に、最も効果を実感していただけます。

 

金子氏は、マザーリングマネジメントを紹介した書籍『泣ける会議』を、7月5日に
上梓されます。今回の宿屋塾は、その出版を記念し、講演をしていただきます。



地図

さらに詳しいアクセス情報】|【アクセス情報PDF

 

【金子祐子 氏のプロフィール】

株式会社NAVI(ホテルグリーンコア)代表取締役社長、一般社団法人マザーリングマネジメント協会 代表理事。1961年埼玉県生まれ、大妻女子大学短期大学部英文科卒。(株)東芝 第一国際事業部勤務を経て、家業である(株)NAVIに就職。3人の母親。
http://mothering-m.or.jp/
金子氏のマネジメントの取り組みを紹介した書籍は下記です。
『社員が夢中になって働き出す 包むマネジメント』 http://amzn.to/1pNujWr

 

◆金子祐子代表理事からのご挨拶

マザーリングマネジメントは「自発的に仕事に取り組むご機嫌な社員」を増やすマネジメントです。マザーリングの「マザー」は母性と言う意味ですが、母親経験者でなければできないマネジメントではありません。そしてスタッフを管理してコントロールするマネジメントでもありません。子供の成長を見守る母親のように、社員の成長を見守るマネジメントです。

ホテルグリーンコアでは、試行錯誤しながらも、徐々にスタッフが自発的に考えて行動するようになり、内発的動機によって仕事に楽しく取り組むようになりました。

機嫌よく仕事をしているスタッフは、この会社で、この仲間と、一緒に仕事が出来て本当に良かったと思うでしょう。そして、それは、イコール自身の人生を肯定することに繋がるのではないでしょうか。

もし、みなさんがそんな部下を持つ上司だったら、部下からは「僕の、私の上司がこの人でよかった」と思ってもらえる唯一無二の存在になっていることでしょう。

お互いがお互いを必要とし、認めてくれる。
周りの人たちとそんな関係性を作る人生を、豊かな人生と呼ぶのだと思います。

ホテル業界の勉強会である宿屋塾において、マザーリングマネジメントをお伝えできるのは、私にとって実に嬉しいことです。ぜひ、多くの方とお会いできることを楽しみにしています。

一般社団法人マザーリングマネジメント協会 代表理事 金子祐子

 

【日時】

2017年7月11日(火)

19:00~21:00

【定員】

90人

【料金】

4,000円(税込)

会費は当日集めます

【会場】 東京YMCA国際ホテル専門学校
東京都新宿区西早稲田2-18-12
TEL(03)3202-7480
 
印刷する
 

セミナ―申し込み

宿屋大学のホームに戻る